南海電鉄交渉に行ってきました!

 

 

DSC04251

こんにちは★田平まゆみです!

日本共産党河南地区委員会で毎年行っている南海電鉄との意見懇談会に、今年も行ってまいりました!

日本共産党の河内長野市会議員団、大阪狭山市会議員団、千早赤阪村会議員、そして富田林市からは私が議員として参加し、為きみひと衆議院予定候補も参加をしました。

前もって送付しておいた要望書に対する回答をいただき、改善してほしい点について詳細に意見を言わせていただく、という流れで行いました。

全駅共通の要望としては、「全駅のトイレにトイレットペーパーの設置を」とずっと言い続けてきましたが、「今年末には乗降客1000人以上のすべての駅に設置される」とのご回答でした。

近鉄電車は交渉の末、すでに全駅に設置をしてくださっており、南海電車は1000人以上、、という縛りがあるという状況ですが、大多数の駅には設置されることになり、大きく前進しました。

しかし、今後全駅設置を目指してさらなる努力をしていただきたいと要望しました。

トイレの美化については、「社内でトイレの美装化を検討している」とのお答えで、いっきにとはいかないが、順次美装化して行く中で、洋式トイレを増やしたり、ベビーチェアを設置したりというような、現在のニーズに合わせた改装をおこなっていくというお考えのようでした。

照明を環境に優しいLEDに更新していくことについての要望も、順次進めているとのご回答をいただきました。

全体の要望としては、一番大きい問題は、駅の無人化をしないでほしい、ということで、現在無人駅となっている「大阪狭山市駅」「狭山駅」「美加の台駅」への駅員配置を毎回強く要望しています。

しかし、これについては10000人以上の乗降客があるかが目安との回答で、しかし人数だけが基準ではないというような曖昧な回答でした。とにかく、人員配置についてはお金がかかるので厳しい、という姿勢です。

これからも言い続けるしかないな、と思いました。

その他地域ごとに色々な要望を直接伝えました。

私は、富田林市民にとって一番関わりの深い南海「金剛駅」と、久野喜台、五軒家、加太、青葉丘などの地域からは最寄り駅である「大阪狭山市駅」。この2駅に対して、意見を言わせていただきました。

トイレがすべて和式なので洋式トイレを設置してほしい(障がい者用トイレは洋式あり)、というご意見や、スモーキングエリア(喫煙スペース)を西側だけでなく東側にも、というご意見があったことを伝えました。

これについてはJAと大阪狭山市駅との協定の関係もあり、大阪狭山市駅にも伝えなければなりませんが。

大阪狭山市駅については駅員の人員配置とトイレの美化をお願いしました。

少しずつですが、ベンチが付いたり、トイレットペーパーが付いたり、改善されていっています。

南海の担当の方からも「こういったご意見を頂けるのはありがたいことです」と言っていただきました。

私たちは今後も、アンケートでお聞きした利用者の声について、丁寧に調査をして南海さんにお伝えし、改善された点については、当たり前、ではなく感謝をもって対応していかなくてはならないな、と感じました。

ぜひ、駅に対する改善点、ご意見などがございましたら、お聞かせくださいませ!

ありがとうございました☆☆☆

 

コメント投稿