中学校の道徳教科書について!

こんばんは!田平まゆみです。
本日、道徳教育を考える市民の集いがありました。
現役や元中学校教師さん達や、保護者の方々、日本共産党議員も多数参加していました。
道徳が来年から中学校でも教科化されます。国の検定に受かった教科書を使って授業を行い、「評価」が導入されるのが大きく今までと変わるところです。
7月26日に富田林市でも教科書採択会議が行われます。傍聴OK!私も傍聴するつもりです。
子ども達の考えを意図的に誘導するようなものが多く、安倍首相の名前が教科書に出てくるものや、子ども達に考える力をつけさせるのではなく、考える事をやめさせ、大人の喜びそうな答えを忖度させるような内容も。
道徳教育の押し付けは、憲法違反の人権侵害行為です。
いま、中央図書館で、検定に合格した8社の教科書展示とアンケートが行われています。
韓国ヘイト本を出している出版社の会長が「日本教科書」代表取締役となり道徳教科書を専門に作っているという事で、恐怖です。道徳教育自体が問題ですが、「日本教科書」は絶対に子ども達に使わせたくない!です。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2018-04-03/2018040315_01_1.html

ご覧いただきありがとうございました!

コメント投稿