給食試食会をおこないました!

こんばんは!田平まゆみです☆

今日は、「要求とまちづくりの会」で小学校給食試食会を久しぶりに行われ、私も参加させていただきました。

 

9E51C49E-4A4D-456B-AA95-D95DE440ADF3

藤沢台小学校横の給食センターで、全7名、ディスタンスをとりながらの試食会となりました。

B1767B08-4878-440C-914E-F3212D08E4E2
今日の献立は、麻婆豆腐と酢の物、餃子、白飯、牛乳。
給食代は一食235円です。

0DB71A6B-476B-475E-9A37-50896D12071C
給食課長さんをまじえての感想・質問タイムでは「残食の量は?」「アレルギー食開始後の状況は?希望者数は?」「食育の授業は?」など、色々な質問が出されました。
味については「麻婆豆腐が以前より少し辛くなったかな?今の子の好みなのかな」との意見もあり。でも皆さん、美味しかったという意見でした。(答えは下の備考欄へ)

また、「コロナで喋りながら食べられないため、シーンとした中、飲みこむ音が気になり食べられなくなった子もいる。食べる時の工夫が必要では」との今年ならではの意見も出て、放送など、楽しく食べられる工夫が必要だと感じました。食育のための人員が足りていない問題も引き続き気になりました。また、定期的に試食会を行い、見守っていきたいと思います。ありがとうございました!

※備考※
⚫︎残食量:昨年は22000 kg (172日)で一校あたり8kg
子どもが喜ぶメニューばかりにすれば残食量は減るかもしれないが、食体験や魚、苦手なものでも栄養のあるものを採りいれられるよう、献立は工夫をされている。なぜこれが必要か?との説明を聞けば食べてみよう、挑戦しようと思えるのでは。という意見も。

⚫︎アレルギー食:今月からアレルギー食を開始。卵除去食。全体で5000人位の給食中、50人位がアレルギー食。
アレルギー食は、それぞれの名前が書かれたポットに入れて間違いのないよう、以下のような流れで配送される過程で、二重三重のチェックを経て子どもに届けられる。
給食センター→学校の給食配膳室→職員室→担任→児童

◆子ども科学室☆第1回目 行います◆11月8日(日)13:30〜

 

9A1B03C2-B76A-4570-BA99-EA5232C4838A

高辺台2−20−24にできた、田平まゆみ市政相談事務所の1階は、フリースペース「いとをかしLABO(ラボ)」です。

この場所で、『こどもわくわく★科学室』を行います(小学生対象)。手描きのチラシ、私がつくりました^_^  力作!

2ヶ月に1回を計画していて、連続講座ではないので、参加できる回だけでもOKです。

初回となる今回のテーマは「色んなスライムをつくろう!」です。スライムは科学なんですね〜^_^

これからのテーマは、「ドライアイスで遊ぼう」「キャンドルをつくろう」「タマネギで草木染め!」「ポップコーンをつくろう」などなど・・・ぜ〜んぶ科学の視点で、元理科の先生だったヨッシー先生が楽しく教えてくれます。

ぜひご参加ください!もちろん保護者同伴OKです♪

◆水彩画教室をおこないます◆11月7日(土)10:30〜

こんばんは!田平まゆみです☆

11月7日(土)10:30〜11:30  水彩画教室をおこないます。

F4C8C0A1-14B2-40E9-AAC7-103E695A9E7E

場所は、高辺台2−20−24   田平まゆみ市政相談事務所1階のフリースペース「いとをかしLABO」にて。

講師は、山中 孝夫さん(私の父です)笑

父は画家で、絵画教室もやっていますが、この場所でも水彩画教室をやってくれることになりました♪

水彩画のセットはこちらでご用意しますので、手ぶらでOKです。

事前にお問い合わせ頂けると幸いです。

絵が得意な方も苦手な方も、お家に飾りたくなるような水彩画の作品がきっと描けますよ!

◇赤旗読者ミーティングをおこないます◇11月7日14:00〜

こんにちは。田平まゆみです☆

11月7日(土)14:00〜15:30まで、田平まゆみ市政相談事務所にて、赤旗読者ミーティングを行います☆

B1856168-9451-4E86-A412-87C643236D66

赤旗読者のみなさんも、「赤旗を読んでみたい」という方も、「以前はとっていたけど、ひさしぶりに読んでみたいわ〜」という方も、ぜひお気軽にご参加ください♪

しんぶん赤旗をお持ちの方は、最近面白かった記事や、好きなコーナーなどをお持ちください。

お菓子・お茶などの持ち寄りも歓迎!楽しく交流しましょう。

話すのが苦手という方も、みんなの話を聴いてるだけでも楽しいと思いますので、気張らずご参加くださいね♪

まちかど懇談会を行いました☆向陽台、藤沢台

こんばんは!田平まゆみです☆

昨日にひきつづき、まちかど懇談会を、向陽台2号公園、藤沢台公園の2ヵ所で行いました☆

今日はお天気に恵まれ、ご近所の方も出てきてくださいました。

カートを押してご高齢のご婦人がでてきてくださったり、以前にご要望を伺った方も応援に来てくれたり。

市が上水道料金を来年度から25%程度 引き上げようと計画している、との話に、皆さん驚かれていました。

また今、楠正成の映画を作る計画が進んでいる件について、戦時中、「大楠公」という映画で天皇に忠誠を尽くしたヒーローとして描かれ、今も右翼の人たちから神のような扱いを受けている楠正成。政治利用され、歴史の中に消えた存在。

でも、それを今また映画化することで、戦争に利用されないか、、といったご心配のご意見もありました。

当時、その台本にも検閲が入り、軍部の意に添う内容になっていたということですが、自由な表現の場に政治が介入することは本当に怖いことです。

菅首相の日本学術会議の会員リストから6人を任命拒否するという行為も、憲法の「学問の自由」にそむき、学術会議法にも反する異常事態。菅政権が憲法改憲への道をさらに加速させ、イエスマンで固めて強権的な政治をすすめている今、憲法9条を守り民主的な政治をすすめる野党連合政権を作ることが喫緊の課題です!!

まちかど懇談会では、ご意見やご質問が本当にその場で出されるので、難しい質問も出ますが、皆さんの感性に刺激を受けながら、アドリブで答えさせていただいています。わからないことがあればあとで調べてお答えしたり、今後も一方通行の報告会にはないやり取りを楽しみながら、やっていきたいと思っています。

今日は、音を聞いて公園まで出てきてくださった方も、「聞きたいことがあるんですが。Pay Pay で割引される制度などは、自分は普段使っていないしわからない。他市では、商品券の配布など、高齢者でも利用しやすい支援をしていて、富田林でもやってほしい」

と質問してくださいました。

このPayPayによる割引制度は、国の進める一部の大企業優遇の方針を受けたもので、マイナンバーとの紐付けも狙ってのデジタル化の推進。。。本当の意味での住民への支援策ではないと感じています。

やはり消費税減税こそが非常に公正で有効な生活支援策だと思いますね!日本共産党議員団では、地域の商店で使える商品券の配布と、登録店になっていない商店への登録のための支援についても、緊急要望で求めてています。

ひきつづき実現に向けて頑張りたいと思います。

高齢者支援策も足りていませんし、ひきつづき、弱い立場の人に寄り添い、全ての人に行き渡る施策の充実を進めるよう、市・府・国に対して、強く働きかけています!!

本当にご参加ありがとうございました☆また次回の日程が決まりましたらブログなどでお知らせいたします♪

まちかど懇談会☆行いました@小金台・津々山台

こんばんは!田平まゆみです☆

今日は、雨模様でしたが、予告していた『まちかど懇談会』を決行しました♪

IMG_1433

まず、小金台2号公園で、あずまやの下で私から15分ほど市政報告をさせていただいたきました。

来年から、市は障がい者給付金の廃止や、上水道料金を25%値上げすることを計画していること、、、

市の業者支援給付金制度ができたものの、9月〜10月末と2ヶ月しか申請期間がないことや、いまだに30件ほどしか申請がなく、23件の支給決定ということ。商工会に 1900万円もの委託料で

今回は発言、質問タイムはなしかと思いきや・・・「話させてください」と声が。

少人数学級を今絶対にすすめてほしい!と熱くスピーチをしてくださり、市会議員の方にも頑張ってもらいたいとの激励をいただきました。

また、障がい者給付金が今年で廃止になると聞いてて、あたたかい市政を求める発言もありました。

雨の中ですが、こうしてオープンマイクでやっていると、皆さんとの距離がとても近く感じます。また、これからも色んな場所でやっていきたいな、と思っています。

ご協力いただいたご近所の皆様、お越しくださった皆様、本当にありがとうございました!

フリースペース『いとをかしLABO』ロゴ完成!

こんにちは!田平まゆみです☆

高辺台のフリースペース『いとをかしLABO』のロゴを作りました^ – ^

いとをかしLABO 字体

昔のレトロなはんこを組み合わせて、かなり理想通りの感じになりました。

ただ今、このイメージをもとに、岡山県の凄腕 芸術家、オクタンクオリティーのオカ君に、アイアンの切り抜き看板をお願いしています。
出来上がりをお楽しみに!!

土曜日10時から街かど懇談会を行います☆

おはようございます。田平まゆみです☆

3A4FBD10-20FB-4B93-A765-02E660DDED39

明日の土曜日、2回目の街かど懇談会を行います!
各場所で30分ずつのプチ懇談会。みなさんのご意見やご要望もお聞きします。マイクで訴えたいことがある方もどうぞ!!

ぜひお越し下さいませ^ – ^

ベランダ発電でコーヒータイム☆自然エネルギーへの道

こんばんは!田平まゆみです。

今日は、「原発ゼロの会」主宰の中村さんのお宅に、ベランダ発電を見学に伺いました。
ベランダに太陽光パネルを設置し、美味しいコーヒーを入れていただき、自家発電のエネルギーで聴くラジオ。。
素敵なひと時を過ごさせていただきました☆

9DA2D7B9-7EB2-40C1-B9C1-C0409DABD310

A8A30902-0D55-4C35-981B-E49E04D6DFAF
4196543C-B96F-40BF-915E-791DE0AB3C9F

ベランダのソーラーパネルは、カメラの三脚をスタンドにして、傾きを変えられるようにしてあり、漬け物石で強風にも耐えられるようにしてあります。
我が家でもずっとやりたいと思っていたのですが、今日見に行かせてもらったことで、夫の心にも火がついたようです^ – ^
中村さんは勿論の事、奥様も環境学の先生で、私の夫は生き物観察が趣味で、みんな揃って話題が尽きず、、☆
南ドイツのフライブルク、シェーナウといった自然エネルギー先進都市の話から、アウシュビッツの話、ドイツのビオトープによる河川の維持、日本での生態系の変化の問題、農薬、除草剤の話、エネルギー問題から、お金というエネルギーに代わる価値について、、、
などなど! 興味ある話題がどんどん。
またぜひ伺いたいと思います^ – ^
本当にありがとうございました!!
富田林の田平まゆみ事務所へも、講演に来てくださるとの事です!

太陽光パネルを設置するワークショップもおこないたいと思っています。
企画して、ぜひまたお知らせしますね♬

ご覧いただきありがとうございました!

大阪都構想 ここが問題!

都構想の住民投票が迫っています。いまいちど、多くの方に問題点を知ってもらうために、Q&Aのまとめページをこちらに全文添付させていただきます。ぜひお読みください。

緊急です!元には戻せない問題です。お知り合いにも広げてください↓

 

大阪市をなくす「都」構想――ここが問題 Q&A

 大阪市を廃止・分割する「大阪都」構想の是非を問う住民投票が12日、告示されます。11月1日投票。大阪維新の会(代表・松井一郎大阪市長)が実施を狙う同構想のどこが問題なのか。問答形式で考えます。


大阪市が廃止されるだけ

 問 住民投票で賛成多数になったら「大阪都」になるの?

 答 いいえ「都」にはなりません。いまの法律では、府のままで、大阪市が廃止されるだけです。「都」構想とは名ばかりです。

 住民投票の投票用紙も「大阪市を廃止し特別区を設置することについての投票」と「大阪市廃止」が明記されることになりました。前回2015年の住民投票では「大阪市廃止」が明記されていませんでした。

 130年の歴史を持つ大阪市は地図から消えます。前維新代表の橋下徹氏がかつて“むしりとる”と言ったように、大阪市がもっていた権限、財源は府に吸い上げられ、新しく設置される特別区は「半人前」の自治体となります。基礎自治体の権限を強くする地方自治の流れにも逆行します。

 「1回やってみたら。だめだったら元に戻せばいい」という声もあります。しかし、大阪市をいったん廃止したら、いまの法律では元に戻すことはできません。片道切符です。

住民サービス低下必至

図

 問 住民サービスが維持されるのであればいいのでは?

 答 いいえ、むしろ住民サービスの低下は避けられません。

 反対から賛成に転じた公明党は、協定書(制度案)に住民サービスの維持と書き込んだと宣伝しています。しかし、維持されるのは特別区に移行する25年1月1日時点までのこと。それ以降は、維持するように「努める」と努力義務にしかなっていません。

 もともと、府に財源が吸い上げられるため、特別区の財政基盤は弱くなります。収入は減るのに特別区設置に15年間で1300億円もかかります。これまでの住民サービスを維持したくても財政的な制約は避けられません。

 しかも、「改革効果」として、すでに市民プール、スポーツセンター、老人福祉センター、子育てプラザの削減が盛り込まれています(表参照)。住民サービスの維持どころか、削減は織り込み済みです。

黒字の試算はまやかし

図

 問 特別区になっても財政が黒字ならば、サービスは維持されるのでは?

 答 黒字はまやかし。赤字が必至なだけにサービス低下が懸念されています。

 松井市長は「一定の条件のもとに財政シミュレーションをした結果、どの年度も特別区はマイナスになりません。ですから、いまの住民サービスは守られる」としています。

 その財政シミュレーションが問題です。新型コロナの影響をまるで除外しています。

 大阪市は新型コロナの影響で来年度の税収が、今年度の当初予算と比べて約500億円減少すると見通し。また大阪市が全株式を保有する大阪メトロの4~6月期の営業収益が赤字に転落し、来年度は無配当になると試算しています。特別区移行後の財政シミュレーションでは、大阪メトロの配当金・市税見込み額を大幅に上乗せし、25~39年度の特別区収支は黒字になるとしていましたが、「コロナ抜き」試算の危うさは明らかです。

 松井市長は「コロナ禍の要素は組み込んでいない」と認め、「(短期間で)コロナさえ抑えれば大阪はさらに発展する」と楽観的です。

 しかし、08年のリーマン・ショックによる税収不足が回復するのに大阪市で8年かかっています。コロナ禍は、リーマン・ショック以上の経済的な打撃が指摘されているのに、5年後の25年には回復していることを前提することはあまりにも甘い見通しです。

今も「二重行政」はない

地図

 問 府と市の二重行政がなくなるのであれば、いいことでは?

 答 いいえ、松井市長も「いまは二重行政はない」と言っています。ありもしない「二重行政」の解消のために特別区設置のために1300億円(15年間)もかけるのはばかげた話だと、元大阪府副知事の小西禎一さんも指摘します。

 住民説明会でも、「いま二重行政がないのであれば、『都』構想をする必要はないのでは」との質問が出ました。

 松井市長は、いまは知事、大阪市長が同じ方向を向いているので、「二重行政」はないが、人間関係ではなく制度化するのが「都」構想だと説明。「過去に戻していいのですか」として例に挙げているのが、WTC(ワールドトレードセンター)タワービルと、りんくうゲートタワービルです。

 しかし、これは「二重行政」とは無関係です。政策の誤りで、一つであっても無駄です。「二つよりましでしょ」(松井氏)などというのは論外です。

 一方、府市民にとって必要なものは二重、三重にあった方がいいでしょう。体育館が府立と市立と二つあって困る市民はいません。医療・保健体制もそうです。「二重行政の無駄」として住吉市民病院を廃院にし、公衆衛生研究所を統廃合したことが、コロナ禍の中で問われています。

 前維新代表の橋下徹氏がツイッターで「僕が今更言うのもおかしいところですが、大阪府知事時代、大阪市長時代に徹底的な改革を断行し、有事の今、現場を疲弊させているところがあると思います。保健所、府立市立病院など。そこは、お手数をおかけしますが見直しをよろしくお願いします」とつぶやくほど。見直しは待ったなしです。

写真

(写真)街角で広がる対話=大阪市此花区

コロナ対策 独自策なし

 問 やっぱり「指揮官」は1人の方がいいのでは?

 コロナ対策も府に「司令塔」を一元化してうまくいった。

 答 いいえ「バーチャル大阪都」と言って、府任せで大阪市は独自策をほとんどやらなかっただけです。

 大阪市のコロナ感染の陽性率は、府内の他自治体と比べて高く、感染震源地となっている可能性が高いのに、PCR検査の抜本的拡大に背を向け、地域外来・検査センターも大阪市は四つだけです。

 松井市長は、大阪市内の陽性率が高いことを認めたうえで「いまの大阪市の保健所体制でどうやってサポートするんですか。できなかったんですよ」と居直り。「大阪市内でPCR検査に対応できるマンパワーと場所、検査体制ができていない。だから、大阪府に司令塔をつくって大阪市の患者さんを、大阪府域全体で支えてもらっている」と大阪市内の保健所体制の弱さを“自慢”する始末。四つの特別区ができれば特別区ごとに四つの保健所ができ、PCR検査も東京都の特別区のように特色ある形でできると強弁しています。

 保健所を増やすために大阪市を廃止する必要はなく、大阪市のままで、もとの24保健所体制へと戻していけばいい話です。

 一方、吉村洋文知事は「大阪モデル」で非常事態を示す「赤信号」が点灯しないように基準を緩和し、命に関わるコロナ対策よりも、大阪市廃止のための住民投票実施を優先する姿勢を示しました。

写真

(写真)「大阪市なくすな!」と開かれたネットワーク集会=大阪市北区

不幸呼ぶカジノが目玉

 問 「都」構想で大阪が成長するなら、いいのでは?

 答 いいえ、維新の「成長戦略」の目玉はカジノ。不幸を呼び込むだけです。

 維新の「成長戦略」を問われて、松井市長は「インバウンド(訪日外国人旅行者)とベイエリア(湾岸地域)開発」と明言しています。人工島「夢洲(ゆめしま)」に誘致しようとしているカジノを中核とする統合型リゾート(IR)を念頭に置いたものです。

 インバウンド頼みはコロナ禍で、その危うさが露呈しました。カジノ資本も、経営が悪化し、日本進出からの撤退が相次いでいます。典型的な「3密」(密閉・密集・密接)産業であることや、人の不幸で成り立つギャンブル産業であることからも破綻は明らかであり、「成長戦略」とは無縁です。

 松井市長は「関西の中心地は大阪市。中心エリアにどんどん拠点をつくっていく。そこへ移動しやすいインフラを整備していく」と「都」構想による「成長戦略」を描いています。キタ、ミナミ、そして夢洲へヒト、モノ、カネを集中させるという考え方です。衛星市のことはまるで眼中にありません。

くらし応援の大阪市に

 問 では、コロナ後の大阪の未来をどう考えたらいいの?

 答 新型コロナは、これまでの大阪の政治・経済・社会のあり方の根本的な転換を求めています。日本共産党は大阪市廃止ではなく、大阪市の力を生かした六つの方向を提唱しています。

 (1)医療・介護・社会保障が充実した安心の大阪に(2)みんな楽しく子育てできる大阪に(3)こども中心の教育、文化豊かな大阪に(4)消費と中小企業の活性化で景気回復させる大阪に(5)「何でも民営化」を改め、「公」の役割を果たす大阪に(6)誰もが大切にされ、尊厳をもってくらせる大阪に―の六つの方向です。

 特別区設置コストの一部でも市民サービスに使うなら、▽子どもの医療費の無料化拡大(19億円)▽「30人学級」の実現(102億円)▽介護保険料の17%引き下げ(85億円)▽公立・私立保育所の保育士(勤続7年以上)の給与の月4万円引き上げ(10億円)―などができます。

 くらしを壊す大阪市廃止の道ではなく、くらしをよくする大阪市政への道に踏み出すことこそ必要です。

事実知ればノー多数に

 問 世論調査では「大阪都」構想賛成が反対を上回っているけど?

 答 事実を知ってもらえば、再びノーの審判を下すことは可能です。

 藤井聡京大教授は、前回の住民投票直後のアンケート調査で大阪市が「廃止されて消滅」するという正解回答が1割に満たなかったこと、「廃止」と答えた人の9割が反対派だったことを挙げ、事実を知らせることの大切さを強調しています。

 世論調査でも「わからない」という回答が多く、府・市の説明は「不十分」という市民が多数です。調査するごとに反対が増え、賛否が拮抗(きっこう)する傾向にあり、政党としては賛成に転じた公明党の支持層も反対が多数です。

 地域振興会、学者・文化人、医療関係者など幅広い層に反対が広がり、「居ても立ってもいられない」と宣伝に「人生初参加」する市民も増えています。

 「都」構想の事実、真実をいかに多くの市民に知らせ切るかに、住民投票の結果はかかっています。