野草の会☆参加しました

こんばんは!田平まゆみです。

皆さん、GW満喫されていますか?

私は、今日は滝谷不動尊のすぐそばの奥の谷で行われた野草会に参加しました。
ヨメナとトトキのご飯、セリのおひたし、ふきの煮物、筍の木の芽あえ、みつばと筍のお吸い物、ドクダミ・スカンポ・筍などの天ぷら、、、
竹を切ってお箸、お皿、コップなどの食器も手作りしました☆

楽しそう、美味しそう、というのが写真から伝わりますでしょうか?!
行事に参加させてくださった富田林年金者組合の皆さん、色々と野草について教えてくださった里山の自然を守る会の皆さん、本当にありがとうございました!!

IMG_6534

IMG_6546

IMG_6557

IMG_6568

IMG_6570

IMG_6574

IMG_6591

IMG_6592

IMG_6594

大阪狭山「市立こども園」を視察しました☆

みなさんこんばんは!田平まゆみです。

27日に大阪狭山市の「市立こども園」を保育運動団体のみなさんとご一緒に視察してきました。

IMG_6250

富田林市のこども未来室長と課長も同行され、大阪狭山市のこども政策部長、課長さん、園長先生がご案内くださいました。

もともと「市立第2保育所」と「市立南第三幼稚園」という2つの別施設だったものを、平成27年4月から保育所と幼稚園の機能を兼ね備えたひとつの施設、幼保連携型認定こども園として移行したものということです。名称は「市立こども園」です。
「0~3歳児施設では第2保育所当時の雰囲気を残し、生後2ヵ月から3歳までの子どもたちが、「第二の家庭」として、穏やかでくつろげる場になるよう日々心掛け、保育しています。
また、4~5歳児施設では、教育を必要とする1号認定子ども(旧の幼稚園児)と保育を必要とする2号認定こども(旧の保育所児)が同じクラスの中で就学前教育・保育を受け、いきいきとした毎日を過ごしています。」(HPより)

★☆★☆★ 以下、私が感じたことをまとめてみました ★☆★☆★

こども園という一つの施設になりましたが、建物はそのまま利用されているため、2つに分かれており、その間にはさまれるようにして小学校が建っています。

★こども園になるに当たり、幼稚園教諭は保育士免許をとり、保育士は幼稚園教諭の資格をとり、保育教諭として、教育委員会の管轄の行政職になったそうです。

もともと雇用形態が違うという問題についてはこうやってクリアされていますが、教育委員会に一本化というのはどうなのか?と不安を感じました。

★保護者の会議はどのようにもたれているのか気になっていましたが、保護者会はPTAのみで、実質1号認定(幼稚園)子どもの保護者の声だけになっている状況ということです。2号子どもの保護者の声を聞く工夫をする必要を感じました。

★3歳児は今年から受け入れを開始したそうですが、1,2号を合同で保育するだけの部屋の余裕がないため、3歳児についてはもともと保育所だった施設と幼稚園だった施設に分かれて保育をしている状況ということでした。

★建物の改修は、給食調理室を作るなど、多少はされたようですが、もともと保育所だった施設と幼稚園だった施設で、別々の2つの施設であり、少し無理があるな、という印象をうけました。

大阪狭山市での状況と富田林市の状況がぴったりくるわけでもなく、参考にならに事も多いと感じましたが、やはり2つの施設を2つにして建物をそのまま利用するのは無理を感じました。

本市で選択肢を増やす、という意味でこども園をつくるにしても、相当な工夫と長い時間が必要だと思います(大阪狭山市でも移行までに10年近くかけておられます)。

大阪狭山市ではもともと2つあった公立の保育園が現在はゼロになってしまっています。一つは民間保育園に、もう一つはこの「市立こども園」になったからです。

また、公立幼稚園はもともと5園ありましたが、一つは民間に売却済、一つはこれから入札予定、と3つだけになってしまいました。残る3園で3歳児保育を実施するそう。

富田林も何やら同じような事を言っていたな〜!まだまだ研究、調査が必要であり、早急にすすめるべきではありません。

IMG_6235

▼ちょうど英語の先生がきておられ、歌を歌っているところでした。IMG_6241

▼ホールで給食をとるそうで、席が準備されていました。IMG_6242

▼給食をつくるところ。IMG_6244

IMG_6245

▼給食が運ばれてきました。IMG_6252

▼給食を食べたらすぐにお昼寝の場所に行けるよう同じ部屋を間仕切りしてあり、布団が敷かれていました。IMG_6256

IMG_6262

花と緑の季節☆うちの庭

こんにちは!田平まゆみです。

グリーンがぐんぐん育つ季節になってきましたね!

たまには個人的な内容を、とのリクエストをいただきましたので、

なかなか手入れできない庭ですが、先日前庭を少しいじってみましたのでご紹介します☆

IMG_6298

基本的に、「1年中ほっといても素敵な庭」を目指しているので、勢力の強い植物に自然淘汰されてしまう子(植物)もいます。

議員になってから大好きな薔薇の手入れもほとんどできず、黒点病の葉っぱの除去もまったくしていませんでした。すると、2年ほどたちましたがなんと黒点病はほとんどなくなりました!!

このことを岡山の薔薇ガーデンでヘッドガーデナーをされている方にお話したら、「そうなんですよ!」と言われました。間違ってなかった〜!(←ただ単に放ってただけ)

いま、肥料もほとんど与えず、水も夏場以外は地植えなのであまり気にしない、スパルタ方式で育てています。薔薇って本来すっごく強いんですよね☆頼もしい・・!

でも、肥料をあまり与えないと花はあまり咲きませんので、花をたくさん咲かせたいと思ったらやっぱり肥料は必要ですね。

私は花が咲いていなくても葉っぱが綺麗なイングリッシュローズが好きなので、葉っぱも楽しんでいますが(負け惜しみ?)。。。

IMG_6299 ↑↑↑ ジャンクガーデン。本当に久しぶりに、草抜きをしました

IMG_6303 ↑↑↑ 剪定して丸裸になっていたケヤキの樹もふさふさになってきました

IMG_6304 ↑↑↑ウッドデッキが占領されてます。主人は珍しい植物が好きみたい。私はどちらかというと野草や野の花みたいなものが好きですが、意外と調和はとれそうです。

IMG_6305 ↑↑↑ ヤシの木の切り株(以前庭に植えてあったヤシの木を前の家主さんが切ったもの)に、多肉を植えたら、なかなか居心地がよかったようです

IMG_6307

IMG_6308

IMG_6312 ↑↑↑ 池のふちをタイルアートでエキゾチックにしたいと考えています

ユーフォルビアは一年中明るいグリーンで綺麗!ここでは笹の生け垣があるため、日差しを求めてすごく背が高く大きくなっています。濃い緑色の種類も植えていますが少し小振り。孔雀の羽の模様のようで、近くで見るととても綺麗です。

植え込みレイアウトは私が担当。池の手前に枕木を敷いてもっと作りこみたいと思っているけれど、ここも1年以上手入れしていません。

IMG_6314 ↑↑↑ レンガを積み重ねただけの即席花壇に、斑入りのアガベを主役にグラウンドカバーとして何種類か寄せ植えしたら、花壇から溢れ出してどんどん広がっています。

ずいぶん放っておくと、人間のコントロール外の思わぬ広がり方をしていたりして、それを見るのが面白くて楽しみだったりします☆

IMG_6316 ↑↑↑ 前庭の薔薇はそろそろつぼみがちらほら。チェリーセージが伸び放題だったので短くカット。クリスマスローズは咲き終わり。

IMG_6317 ↑↑↑ ポストのあたりに小さな花壇がありますが、そこからまたまた溢れ出しています。つるバラが伸び放題。匍匐性のローズマリーやら。。。

こう見ると、本当に手入れをしていないジャンクガーデンですね。

個人的にはターシャテューダーの庭とか、ボーダーガーデンなんてのに憧れているのですが。広島県の主人のお義父さんの田舎に行った時に印象的だったのが、あちこちでオープンガーデンをされていたこと。

富田林はじめ南河内でも、庭づくりが好きな方とってもたくさんいらっしゃいますし、園芸屋さんもたくさんあるので、オープンガーデンスタンプラリーとか、そういった取り組みができたら面白そう!!

趣味の話しで長々と失礼いたしました!

今日もありがとうございました☆ 良い週末をお過ごしください!!

羽曳野のこども食堂☆

昨日は、夕方から羽曳野で月1回されているこども食堂に行ってきました。

IMG_6267

伺うのは今回2回目です。昨日はビビンパ。タケノコごはんとゼンマイ煮の差し入れもあり、どれもとても美味しく、子どもたちにはビビンパが大人気☆(写真を撮りそびれました!)

ビビンパって普段家庭ですることのあまりないメニューですよね★

ここでは、子どもたちはご飯を食べたら2階の勉強部屋に行って宿題をします。

最初の頃は遊びに夢中で勉強に気持ちがいかなかったようですが、最近ではみんな宿題をきちんと持ってきて、食べ終わったら進んで勉強部屋に行き、宿題をし終わってから遊ぶというパターンができつつあるようです☆

自主勉強までする子も!一人の男の子に「勉強楽しい?」と聞くと、「楽しくなーい!でも、ドリルはやりだしたらだんだん面白くなって来る!」と答えてくれました。

主催の方も支援者のみなさんも、子どもたちの自然な変化に感心しつつ、喜んでおられました☆

今日の食後の運動?はかくれんぼ!そのあと、ピアノの上手な方の演奏に合わせて大合唱が始まり、、、なんと素敵で予想不能なんだろう。。。!!

 

IMG_6273

子どもたちは思い思いに附箋に感想を書いて帰ります★

とっても楽しかった!美味しかった!ありがとー!がいっぱいです。。

それからケーキが食べたい!焼き肉してほしい!なんてリクエストも。

終わってから、次は何にしよう?と、子どもたちに喜んでもらいながら色々な食体験をしてもらおうと、様々なアイデアが出されます。「コップは割れないように紙コップがいいんじゃない?」「紙コップはわたし嫌なの。でも次回試しにやってみようか?」

と、すぐさま実行にうつし、誰のアイデアも無視されない、その空気感が素敵だな、と思いました。リーダーのお人柄も大きいですが、集ってこられている方も、調和を大事にされていて、私にとって理想的なこども食堂です。

こんな事をするのが夢だったと言って、全てが苦にならない、とおっしゃっていて、強い情熱に動かされているのを感じました。

今日もありがとうございました!

 

植木市☆in 津々山台公園!!

今日から明後日30日(日)まで、富田林市(公園緑化協会)主催の植木市が開催されています。たくさんの来場者でにぎわっていましたよ♫

ちょうど私が行った時には、議長・副議長と議会事務局の職員方も来られていて、オリーブの大きい鉢をなぜか?すすめられ、ちょうど庭にオリーブの樹2本とレモンの木を植えようと思っていたので、買わせて頂きました☆ 明日運んできて下さるそうです。

IMG_6276

植木市はあちこちでされていますが、こんな風に庭のレイアウトをして展示をされているところはあまりないですし、「富田林やるな〜!」という感じ★

IMG_6279

IMG_6280

IMG_6281

IMG_6285

↑ 普段は植木の卸しをされてる方で、バリ家具&雑貨のブースを出されている方も。

↓こんな面白いレイアウトも☆ 私のトラックもこんな風にしてもらおうかな(笑)

IMG_6286

ハーブをたくさん買わせていただきました。左は私の軽トラ。右はたまたま来ていた主人のトラックです。

IMG_6287

感心したポイント2★土を盛って、庭に植えてあるような雰囲気を演出していること!

たいていのところではごろんと無造作に置かれていますが、これは素敵!植木にとっても乾燥しなくて良いでしょうね!

IMG_6291

熊手やスコップなど、庭作業中の雰囲気を醸し出すものがさりげなく置かれていて、イメージが膨らみます!

IMG_6292

IMG_6293

IMG_6295

市外の方も、ぜひぜひご来場ください☆

 

大阪狭山市の民間こども園視察しました

こんにちは。田平まゆみです☆
大阪狭山市の民間こども園である、「やまもとこども園」を、運動団体の皆さんとご一緒に視察してまいりました!園長先生にご案内いただきました。

IMG_6080

▼入り口を入るとまず、ITのカードリーダーが!これで来た時間、帰る時間を管理しています。補助金が100万円おりて設置されたそう。手入力も可能。IMG_6045

▼こども園に来たら、自分で脱ぎ着ができる子は自分でハンガーに上着をかけて、小さい子は保護者の方が上の段にかけてあげるのだそう。IMG_6047

▼ドアが開かないようにする際は、鍵をかけるのではなく、こうして棒を差し込む方式
IMG_6048

IMG_6050

▼給食を食べる部屋。椅子がいっぱい重ねてありました。椅子は先生の負担を軽くするため軽いものにしているそう。IMG_6053

▼こどもは隅っこが好き、という事で、階段下の空きスペースを利用して一人になりたい子のためのスペースを作っているそう。IMG_6054

▼市が貸し出している本。順番に各園にまわしているそうですが、返さないといけないので、紛失したりしないように、高いところに置いている、とのこと。
IMG_6056

 

▼給食の献立表IMG_6071

▼室内の温水プール。園長先生が水泳を教えるそう。黄緑色の周りの部分はカビ対策のためずっと床暖房を入れているそう。IMG_6074

▼有名な設計士さんが設計された遊具だそう。IMG_6076

▼園庭。見学に伺った時は室内でお遊びやダンスのレッスンをされていました。IMG_6078

★「やまもとこども園」は民間の認定こども園で、きらり保育園やみどり保育園をされている社会福祉法人さんがされています。

もともと公立幼稚園でしたが、最後には4人しか応募がなかったということで、廃園になり、入札で落札し、25年に80人定員の保育園として認可をとったということです。

80人定員ですが、今は15%多い92人(2.3号こども)+11人(1号こども)=103人来ているとのこと。

正規職員が13人でローテーション、嘱託職員が2人、パートさんが5,6人。

建物は、部屋の広さやその他の施設も含めて、そのまま使うのは無理との判断で、一度すべてこわして、一から建て直したそうです。

「もともとの建物を利用して幼保連携型認定こども園をするのは、どう考えても無理があるわよね〜!」という声が参加者から多数でました。

幼保連携型認定こども園になってからの大きく変わったのは、保育料の請求のしかただとおっしゃっていました。

保護者から直接もらう分を差し引いて、残りを市に請求する、というかたちになり、親に言いにくい部分もあるだろうな、と思いました。

1号こどもについては、保護者と直接契約して、園から市に何人申し込みがあったかを伝え、人数に応じて市から支払われます。

2号こどもについては、契約は今までと一緒で市を通しての支払いだが、保護者と園の間にも契約書は作っているとのことでした。

今回視察に行ってみてよく分かりましたが、こども園は本当に複雑です。

ひとつとして全く同じ条件のこども園はなく、こども園の善し悪し、問題点はいちがいには言えない、ということでした。

しかし、年間スケジュールがびっしりと決まっており、見学参加者の中には、保育というよりも、こどものデイサービスに近いという印象をもたれた方もありました。

大阪狭山市にはあまり保育運動というものがないそうです。

もともと2園あった公立の保育園は一つは民間に、もう一つはこども園になり、もともと6園あった公立幼稚園はひとつはやまもと園になり、ひとつはすでに落札済み、もうひとつが入札開始予定、そして残るは3つとなります。

すべて市の主導で行われ、市民から公立園をなくして民間園を誘致してほしいという要望があったわけではないようです。

富田林市には伝統的なまでの保育運動があり、保護者も保育従事者の皆さんも一緒に市に働きかけ、充実した保育環境を築き上げてきた歴史があります。

選択肢を増やすために「幼保連携型認定こども園」を作る、というのが市の事務局側の幼保あり方検討委員会での説明でしたが、保護者の声でも先生達の声でもなかったものです。

政府からの鶴の一声で、今まで築き上げて来られた保育水準にヒビが入るようなことは、絶対にさけたい!

まだまだ、他市での失敗例と成功例をたくさん見聞し、保護者の声と先生達の声をたくさんお聞きする必要を感じました。

カレー大好き☆

IMG_6263

田平まゆみです★

お昼ご飯を今日は、新しく役所のすぐそばに今月オープンされたカレーハウス「有福(ゆうぷく)」さんでいただきました。

ゴロゴロ牛肉が入っていて、スパイシーで美味しかったです☆

ボリュームも、男性でもしっかりと満足できるんじゃないかと思いました。

私は結構大盛りとかを頼んだりする方なのですが、満足な量でした!

モーニングも7時半からしているとのこと。

カレーは昔から大好きで、高校時代は友人達とカレー部を作ったりしていたので、毎日でもいいぐらい。

郵便局本局のすぐ裏あたりのこの長屋には、CUBEさん(天然酵母パン)、まるカフェさん(パニーニ、カフェ)、ラソスさん(ペルー料理)といった個性的で美味しいお店があっておすすめです。

あんまりブログで個人店の紹介はしてきませんでしたが、富田林の魅力を発信する意味でも、これからはちょくちょく素敵な場所やお店などをご紹介していきたいな、と思っています☆

ありがとうございました!

 

 

社保協議員研修ー税の差し押さえについて☆

社保協議員研修3日目!最終日です☆

まずは税理士で元国税庁職員の戸田伸夫さんの講義でした。

税金の差し押さえの違法な行為が横行していることを憂い、徴収法に書かれてある「猶予」「停止」「差し押さえできないもの」について、 きちんと職員に研修させる必要がある事を強調されていました。

IMG_6230

自治体職員の研修は、どんな風に取り立てるかばかりに焦点が絞られており、法律そのものを知らない人が多くいるとのことでした。

そして、以前とは違って、物品などよりもすぐお金にかわる債券を差し押さえたり、給料日の朝一番に給料全額を差し押さえるといった、生活できなくなるまで追いつめ、周りの信用まで失わせるような手段選ばずでやっているという現状を知りました。

富田林でも、国保の差し押さえで学資保健を差し押さえた事例がありました。

また、「税」は時効が5年間で、「料」は2年間で時効。

行政からの督促は1度だけ可能で、その間時効の中断がされますが、その後は何度催告しても法的な力は一切ないものなので時効の中断ができるものではないという事を知りました。

質疑応答の中で、「15年前の税の未納分がいまだに残っている人に対して、執行停止しかないのか、、?」という質問がありましたが、15年前のものがっそのまま残っているのはおかしい、おそらく行政は催告を何度も繰り返して時効を中断させているつもりなのでは、との事でした。

そうだとすると、すでに時効がきている税をいつまでも取り立てようとしている事になります。恐ろしや。。。。!!

また、猶予期間も多くの方が2年間しかないと思っているが、実は6年あるとのこと(申請で2年、1号で2年、2号で2年)。

国の悪政によって、払いたくても税金を払えない人が増えている事に目を向けずに、税金を徴収する事だけを考えるというのは行政にあるまじき事だと、戸田さんはおっしゃっておられました。

徴収法の中にある命を守るための条文を守り、活用しない手はないですね♫

 

社保協議員研修会★生活保護

議員研修2日目!

議会運営委員会の傍聴と議員団会議が入ったため、午後から参加しました。

午後は「多重債務」についてと、「生活保護」「ギャンブル依存」について。

この3つはセットで、若い一人親世帯などでも深刻な状況です。

IMG_6221

IMG_6222

IMG_6225

IMG_6226

IMG_6228

世界中のギャンブルマシーンの6割以上が日本に集中しているというのは本当に異常です!賭博禁止法があるのに、それをかいくぐるため3点方式で換金し、パチンコ屋の外にはコンビニ。コンビニATMでお金を借りたり引き出しては、また遊ばせる。。。

あれもこれも分かっていてやっている。。。どころか、カジノまで作ろうとしている。

どれだけ借金まみれの人を作れば気がすむんだろう??

会場からもうーむ、といううなり声。

議員の仕事は、多重債務に陥っている人を見抜いて制度につなげること、生活保護というセーフティネットをしっかり守って命と健康的で文化的な生活を保証すること、カジノはいらないと声を上げて作らせないこと。

頑張ろう!

社保協議員研修会★交流会

IMG_6215

こんばんは。田平まゆみです。初日の研修のあと、今回は全国から参加されている議員さん達のために、交流会が開かれました。

ごはんを食べに行き、法善寺横町、道頓堀川沿いをぶらり歩きツアー。

北海道、青森、栃木、宮城、兵庫、沖縄、大阪は熊取町、泉南市の方々と同席になりそれぞれの地域の現状と課題の交流などができ有意義でした☆

党派も、日本共産党、民進党、無所属、自民党と様々で、市町村議員だけでなく県会議員さん達もおられ、どなたも課題に真剣に取り組んでおられて勉強熱心な方ばかりだと感じました。

党派を超えてお互いの意見を尊重し合いながら、話し合える関係性を作っていかなければ、本当に市政を良い方向に動かすことはできないのかなと感じました。

難しいことですけれど、、、。

ご覧いただきありがとうございました!