羽曳野市会議員選挙ご支援ありがとうございました‼︎

羽曳野市会議員選挙結果、日本共産党の4人の候補、全員当選しました!最後はかなりハラハラしましたが、昨日11時過ぎに結果がでました。

4人当選で、羽曳野日本共産党議員団は第一党となりました。

皆さん本当にご支援ご協力、ありがとうございました!!

IMG_8598

本日、羽曳野市会議員選挙です

今から羽曳野!今日は羽曳野市会議員選挙の投票日。
この間、私は若林信一議員の応援をしてきました。
ほんまによく動きはる議員さんです。羽曳野市の皆さん、夜8時まで投票できますので、棄権せず選挙に行ってください!
どうぞよろしくお願い致します!

〜日本共産党羽曳野市委員会が発表している公約〜
☆国保料引き下げ(基金・繰越金で10億円以上溜め込んでいる羽曳野市なので、財源は充分にあります)
☆中学校での全員給食の実施
☆18歳までこども医療費助成の拡充(現在中3まで)
☆西浦市民プールの改修・存続(6月議会で突然廃止すると当局が言い出しましたが毎年約3万人が利用しています)
☆ご高齢者の交通支援策の充実(バスやタクシーの割引券発行・循環バスの本数充実)

初めての世民(せみん)

こんばんは!田平まゆみです☆
今日の午後は、河内長野市のラブリーホールで行われる「世界民族音楽祭」に初めて行ってまいりました。

IMG_8585

IMG_8589

富田林でも、市民の誇りになるような芸術的なイベントや舞台ができたらという想いが前からあったのですが、河内長野の世界民族音楽祭、通称「せみん」と言うそうですが、想像以上に熟成された、素晴らしいイベントでした!
小ホールで行われる色々な珍しい楽器などのグループ演奏もそれぞれ個性的で素晴らしく。

さらに、大ホールでのミュージカルは、南河内の木を使って作られた様々な面白い楽器などを使った演奏と、踊り、歌、花笠音頭、だんじり、精霊、パントマイマーの演技がひとつのストーリーをつむぎ、木を削って生まれるカンナクズを用いた衣装や髪型が、全てを調和させていました。

この舞台に関わっているアーティストさん達もたくさん河内長野に引っ越してこられたそうで、毎年こんなイベントがあるならここに住みたい!と思う気持ちわかるな〜!と思いました。

遠くのものを地域に引っ張ってくるのではなく、この地域で生み出されたものを、地域の人たちが味わいながら育み、発信していく、、、そんな誇りを感じるイベントでした。
頑張り ろう!とお隣の市から良い刺激をもらいました(^ ^)

富田林 スポーツレクレーション祭☆

こんにちは。田平まゆみです!
今日は朝、富田林スポーツレクレーション祭がありました。

IMG_8516

優雅な太極拳の演武に始まり、カーリンコンやスポーツチャンバラ、スローピッチングなど、ニュースポーツの祭典でもあり、とても興味深く、楽しさが伝わってきました!
心にも身体にも良いスポーツやレクレーション、皆さんの日頃の活動や、こんな楽しいスポーツあるよ!ってことを知らせる良い機会です。

スポーツやレクレーションをやっている方だけでなく、これからやろうかな、という方や、観るのが好き、という方など、もっとたくさんの一般の市民の方々にも観に来てもらえるようにしたいな、と感じました☆
輪投げには私達議員も参加させていただき、レクレーションって、大人でもこんなに楽しいんだと、驚きました。

参加された皆さん主催の皆さん、ありがとうございました。
お疲れさまでした‼︎

きらめき創造館☆Topic 会館記念式典

IMG_8240

こんにちは、田平まゆみです。
今朝は富田林の新しい施設「きらめき創造館topic」の会館記念式典でした☆
青少年委員会の皆さんの意見を反映して、素晴らしい空間になりました。
自習やバンドやダンス、演劇の練習などができる部屋、発表できるスペースもでき、会議室ではなく「ワークルーム」という部屋の名前や、「topic」という愛称も皆で決定したそう。
富田林高校ダンス部のダンスは表情も動きも迫力があって見ごたえがあり、さすがでした☆
皆さん可愛くてハツラツとしていて、元気をもらいました!
青少年をはじめ、住民の皆さんが使いやすい施設として愛されるよう、これからも見守っていきたいと思います。

IMG_8248

IMG_8263

IMG_8250

寺内町燈路☆

寺内町燈路に行ってきました!
凄く綺麗で幻想的な、タイムスリップしたような空間で、寺内町のお洒落なお店屋さんで、いつも夜は閉まっているところも、今日は夜バージョンで営業されていました☆
交通公園や、広場は盆踊り会場のような賑やかさ!

でも奥の方へ進み歌人 石上露子の生家 旧杉山邸のあたりは、燈篭の灯りの中、また一段と趣きがありました。

IMG_8211

IMG_8216

一緒に行った友人たちに、為きみひとさんが寺内町の歴史や建物について、お寺の屋根の逸話などを色々と語り聞かせてくださいました。

IMG_8221

IMG_8194

 

トマトの季節★

ミニトマト

みなさんこんにちは☆
梅雨もあけ、すっかり夏ですが、暑さでまいっていませんか?
こういう時はフレッシュな野菜をとるのが一番!ということで、我が家では、畑で育てたミニトマト、キュウリ、しそ、ミント、スイカなどをミキサーにかけて野菜スムージーにして飲んでいます。
無農薬で安心です。
ご飯を食べる食欲がない時も、野菜や果物で酵素をとっていると、心も体もシャキッとする気がします☆
夏バテせずに、元気にこの夏を乗り切りましょう!!

小水力発電★実験打ち合わせ

こんにちは!田平まゆみです☆
今日は千早赤阪村会議員の関口ほづみ議員にお声掛けいただき、千早赤阪村マス釣り場で近々行われる予定の、小水力発電の実験の打ち合わせに伺いました。下打ち合わせということで、地元の方と河内長野の丹羽議員たちが、機械の設置方法などを確認してらっしゃいました。

IMG_7256

これはニュージーランド製の水力発電機!ここに左右からパイプをつないで発電するんだそう。持ち上げようとしてみましたが、見た目よりかなり重くて無理でした。
「金剛葛城自然エネルギーの会」では昨年も小水力発電の実験をこのマス釣り場で行いましたが、また今年もパワーアップして行われるようで嬉しいです。
水力発電で安定的に電気が供給されたら何に使おう? それが今後の課題だそうです。一定量を使い続けるようなシステムが必要なんだそうです。
国がいまだに原発推進なので、太陽光発電の売電価格も引き下げられるし、小水力の売電システムもないし、国が本気を出して自然エネルギーに転換すればわけないことを、コツコツと身銭を切ってみんなで頑張っています。。
国の電力政策が一番の問題ですが、それでもこういった実験を続けることで、みんなの意識は変わると思います。あれだけ甚大な福島の被害がありながら、それを教訓にせず、さらなる原発依存をすすめる日本政府ってほんとうに、異常以外の何者でもない。。
とにかく、まだまだ未知数ですが、実験当日が楽しみです!また詳しくお知らせしますね!

IMG_7244

IMG_7261

中央図書館★道徳教科書展示中

みなさんこんばんは!田平まゆみです。
ただ今富田林市中央図書館にて、道徳教科書の展示がされており、8月15日まで閲覧することができます。
私も閲覧してきました。
(6月中旬〜7月1日まで法定展示、7月2日〜8月15日まで法定外展示)

IMG_7277

IMG_7275

現在、小中学校では、週1時間「道徳の時間」という枠がありますが、小学校では2018年度、中学校では2019年度から、「特別の教科」として教えられることになります。それにともない文部科学大臣の検定に合格した教科書と評価が導入されることになります。
戦前の「親孝行」からはじまり「忠君愛国」までを説いた「教育二関スル勅語」にもとづく「修身科」で国定教科書をつかった道徳教育が行われてきたことへの深い反省に基づいて、1947年から始まった第二次世界大戦後の学校教育では、道徳を特定の時間や個別の教科のなかで教えることはありませんでした。

1957年の学習指導要領改訂で、教科外活動の一つとして「道徳の時間」ができました。これが1つ目の大きな変化で、その後も「道徳を教科にする」動きがある度に批判されて教科化はされなかったそうです。
しかし、2018年度からついに始まる「特別の教科 道徳」は戦後2つめの非常に大きな変化であり、教育政策の研究者からも強い懸念が呈されています。
「道徳科」は個々人の生き方考え方に深くかかわる部分に踏み込む教科であり、その教材を国が検定し、教科書を使用する義務が先生や学校に課せられるようになるという、二重、三重に国が関与するシステムです。

せめて、比較的良心的な、納得のいく内容の教科書を選んでほしいと、道徳教科書展示中、市民のみなさんに閲覧を呼びかけています。
家族のイラストの中で、お父さんがソファでふんぞり返っていてお母さんがお茶をもって立っているイラストがあったり、これは動考えても男尊女卑ではないのか?と思えるような表現の教科書もありました。
また、今シングル家庭が多い時代に、両親がそろっているべき!というような価値観を押しつけ、子どもたちを苦しめるのではとも思いました。
首相の写真が意味なく入っている教科書なんかもあり、こんなのはもってのほかです。

性の多様性、個々人の生き方、家庭のあり方など、あらゆる多様性についての理解が広まろうとしていた中、「家族はこうあるべき」「男の子(女の子)はこうあるべき」といった、ひとつの価値観の押しつけ教育というのはまさに時代に逆行していると思わざるを得ません。

比較的まともな価値観と、それぞれの家庭や子どもたちに配慮した表現が感じられたのは光村図書の教科書だと思いました。
ぜひ比較して見てみてください。
国や、社会や大人たちにとって都合の良い子どもをつくるための教育ではなく、子どもたちの心や感性をのばすような教育をしてほしい。子どもたちが社会の中で葛藤し、対立に合い、困惑し、悩んだ時に、1人の人間としてどのように考え、ふるまえばいいかを学ぶ機会を作ってほしい。
それは本来、道徳という国が検定した教科書であらかじめ決められた価値観を教え込むことではないはずですが。

7月27日午後2時から、3階庁議室にて教育委員会の教科書採択会議が開かれます。
ぜひたくさんの方に傍聴をしていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

藤沢台学童を視察しました★

こんにちは!田平です。

今日は連続して視察を予定しています。まずは、喜志西学童と藤沢台学童のクラス分割にともなうプレハブの建て替えの議案が通過しましたので、現状確認と、建て替え予定地を見たいと、藤沢台小学校で12時から給食試食会をするのでその前に、見させていただくことになりました。

日本共産党から私と岡田議員、そして、まちづくりの会の皆さんも一緒に拝見しました。

現在の場所ではなく、校門を入ってすぐ右手にプレハブを建て、現在1クラスで69人もいるため、2クラスに分割されます。富田林市の学童行政では、分割を機に老朽化した建てものの改修や建て替え、トイレなどの改善が順にされていっています。

学保協の総会などでも、保護者の方からトイレの改善の問題や、広さの問題、安全面の問題など、色々とご要望をお聞きしていましたが、今回喜志西と藤沢台で改善されるということで、市の職員さん方が様々に場所など検討された経過もお聞きし、非常に尽力してくださっていることが伺えました。

今後、保護者や指導員の声をしっかり聞ききながら進めていっていただきたいと思います。

▼議案第34号 学童分割で綺麗で現在のニーズにそったものになる事を保護者の方も指導員の方も喜ばれています。藤沢学童01

▼すべて角が丸い机にしてほしい、軽い方が良い、備品を充実させ、古い家電製品などできれば買い替えをしてほしいといった指導員の方の要望もありました。藤沢学童05

▼同じ場所での建て替えももちろん考えたそうですが、今の基準を満たすためには直接外に通じる長いスロープを付けないといけない、など、現実的に難しい要素があったそう。藤沢学童03

▼トイレは新しく建て替えされた後は、室内になり、個室が3つで男女共用の洋式タイプに。そのうち1つは障害者用トイレになるそうです。藤沢学童02

▼今年度69人いる藤沢台学童。現在の1クラスから、今度の場所で2クラスに分割になります。80人入っても一人当たり1.65平米を満たす広さだそうです。藤沢学童09

▼新しい場所はこの樹が生えている場所で、小学校の正門を入ってすぐ右手あたりの体育館の横です。日当りを遮る樹木は切り、もともと学童があった場所には新たに実のなる樹を植え、児童の教育に活かそうと考えているそうです。藤沢学童08

藤沢学童07