こども発達支援センターSunを視察しました

こんにちは!田平まゆみです☆☆☆

「こども発達支援センターSun(サン)」が、市民会館地下1階スペース(図書館喜志分館だった場所)に今年度から入られたので、視察させていただきました。
昨年度までは金剛コロニー内で実施されていましたが、金剛コロニーが民間委託され、移転となりました。
手狭になり不都合は起きていないか?実際にどのような支援をされているのか?立地条件や施設面はどうか?
利用者や支援員が困っている点はないか?職員の支援体制など色々と見聞きしてまいりました!

今回参加してくださったのは、和歌山県橋本市の療育施設で長年働いておられたKさんと、富田林市の公立保育園園長OBのMさん、そして、藤井寺市議会議員の木下 誇議員、そして私 田平です。
市の課長さん方お2人にご案内いただき、所長さん、管理責任者のお2人から詳しいご説明をいただきました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
☆まずは、Sunについて少しご説明です↓
現在府内に6カ所このような発達障害の個別療育拠点があり、利用者給付費と市町村の委託料で運営をしています。
南河内圏域(松原市、藤井寺市、羽曳野市、大阪狭山市、富田林市、河内長野市、太子町、河南町、千早赤阪村)の拠点施設として、児童発達支援、放課後等デイサービスの事業所指定を受け、(社福)大阪府障害者福祉事業団が運営しています。
2015年度までは旧河内長野保健所で実施されており、昨年度2016年度は金剛コロニー内での実施でした。
2012年4月に児童福祉法が改悪され、児童発達支援や放課後等デイサービスなどの実施主体が都道府県から市町村に移行されたことで、現在は南河内の各市町村がこの事業団に個々に委託するかたちで実施をされています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

SUN08

SUN01

Sunでは、1年間継続して、2週間に1回の個別プログラムを保護者同伴で受け、月1回保護者研修をされています。個別プログラムは2歳〜小学2年生までの児童が対象です。そこで、集団生活のコツもそこで伝えているということです。
Sunは13年目になるということですが、この場所に移ると同時に、今年度からは小学3年生〜18歳までを対象に、土曜日にグループ療育プログラムも開始されています。

グループエリア・個別エリア・おやつエリアにスペースを区切り、場所と内容が1対1になるようにされていること。「うまくいった」経験をたくさんもってもらえるよう、ひとつひとつの段階を小さく設定していること。
それぞれのこどもに合わせた療育プログラムを一から考え、1人ひとりの教材(おもちゃなど)がすべて違うこと。おもちゃやカードなど、手作りの教材づくりには様々な工夫が凝らされているようでした。
ちょうどこの時も作業スペースで教材づくりをしておられました。

グループ療育では、小学3年生頃はお友達づくりが課題ですが、中高生ぐらいの年齢になると、性の問題や人との距離のとり方などを課題として、知識やスキルを学べるよう取り組んでおられるそうです。

▼大きな写真→小さな写真→文字だけ と、理解できる段階を少しずつステップアップSUN03

 

▼個別スペースSUN02

▼おやつスペースSUN04

▼ストックルームで、教材をつくる作業中でしたSUN06

▼高校生がグループワークに行く時等、着替えスペースとして使用されている部屋SUN07
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◆募集枠は64名で抽選で利用が決定します。
今年度、新規の方だけで81名の応募があり、リピーターの方は55名が応募、合計136名の応募がありましたが、72名が抽選もれの状況です。

富田林在住の方は現在35名利用されているとのこと。
抽選漏れをした方などは、月曜日の相談日にSunに相談に来られたりする、、ということですが、多くある応募に応えられていないことや2歳〜18歳までの切れ目のない支援ができていないということに対して、現場の支援員さん達も、もどかしい思いをされているようでした。

◆支援員の体制(今年度)は、保育士、心理士、社会福祉士、児童指導員、指導員の方々で、全員で6名。
1家族に対して2名の支援員がつき、こどもと保護者それぞれをフォローするかたちです。

◆ ◆ ◆ ◆感想◆ ◆ ◆ ◆
立地は以前の金剛コロニーよりも駅からも来やすい、市民会館という事で気軽に行きやすい、といったメリットはあるようです。広さは以前よりひとまわり小さくなったものの、そこまで不自由はないとのことですが、正直かなり狭いと感じました。
支援員さん達は頑張っておられると感じましたが、南河内圏域の拠点施設なのに、こんな規模の施設でいいのか!?と思いました。
発達障害のこどもたちは早い時期の、「育ちの根っこになる時期」がとても重要だと言われます。
それなのに、必要としている人たちの半数しか受けいれられていない現状。。大事な時期に抽選もれで適正な療育が受けられないこども達がいるかと思うと、心が痛みます。。。
今度は進んでいる吹田市など北摂の支援センターを視察しに行き、具体策を考えていきたいと考えています。

長くなりましたが、ご覧頂きありがとうございました!

文化財保護条例が制定されました!!

みなさんこんにちは!田平まゆみです☆
6月議会も無事に終了し、今議会で「富田林市 文化財保護条例」が制定されました!!
6月議会から、常任委員会の名前と範囲が変わり、建設厚生常任委員会、総務常任委員会、文教厚生常任委員会
改め→→→総務文教常任委員会、建設厚生常任委員会、予算決算常任委員会  となりました。
文化財保護条例については「総務文教常任委員会」で審議され、学者の方や地域資源の掘り起こしをされている方々も傍聴にお越しくださいました。
日本共産党議員団が長年言い続けてきた条例制定が、おくればせながらではありますが、やっと叶ったこと、本当に喜ばしく思います!

☆今後は条例が出来た事で、資料館の設置や、作業員や埋蔵文化財センターの空調など施設面や人員配置の充実など、住民の共有財産として、郷土史を学んだり、史跡公園で歴史に思いを馳せたりできる、そんな施策がすすむことを願います。

2003年にはすでに「条例制定に向けて取り組んでいく」と答弁していたのに、その後まったく進んでいなかったので、2015年に私も代表質問で改めて文化財保護条例の制定を求めていました。
文化財-民報

以前は紙を張り替えていた掲示板が、新調されてしっかりしたものになっていました。
人々の関心が集ることで、少しずつですが改善されていきます。

IMG_7227-3

IMG_7229-3

JCPみるみるわかる!カフェ★第2弾のお知らせ

みるみるわかるカフェVOL2-web用

みなさんこんにちは!田平まゆみです☆
今月25日に、富田林市民会館(レインボーホール)の大会議室で、JCPみるみるわかる!カフェの第2弾を開催いたしますので、お知らせいたします★
前回は日本共産党副委員長の田村智子さんをおまねきして、分かりやすく、日本共産党の目指している社会について、今の情勢について、などなど、お話をしていただき、楽しく大好評でした☆
そして、今回の第2弾は、わたなべ結さんをおまねきして、若い人からみた党の魅力についてお話を聞けそうです!また、9条の大切さや、学生ローンの問題、日本の労働者の働き方・働かせられ方についてなどなど、、、結さんのフレッシュな語り口で、今の社会について、目指すべき社会について、語っていただき、みなさんからのご意見・質問コーナーなども設けています☆
またひと味ちがったみるみるわかるカフェになると思いますので、ぜひぜひみなさん、お誘い合わせのうえ、お越しくださいませ!!

コロニー祭りに行ってきました!

こんにちは!小学校の運動会のあと、コロニー祭りにも行ってきました。

バザーでお香立てなど雑貨をゲットしたり、ゲームやライブ鑑賞など、楽しませていただきました。

少し遅かったのでもうおおかた食べ物等は売り切れたあとでしたが、みなさん元気に頑張って出店やライブなどで盛り上げておられ、たくさんの来場者で駐車場もいっぱいでした☆

IMG_6914

障がい者福祉センターの金剛コロニーですが、今年度から大阪府立から民間委託となりました。今後しっかりと見守っていかなければと思っています。

IMG_6918

小学校運動会☆行ってきました!

こんにちは!田平まゆみです☆

天気の良い土曜日!本日、一斉に富田林市内の小学校で運動会が開催されました。

IMG_6887

私は金剛地域の小学校をできる限り見てまわりました。

寺池台、伏山台、小金台、高辺台、向陽台と、小学校の雰囲気や児童の雰囲気も少しずつ違いがあり、面白いなと思いました。

どの子も精一杯頑張っていたと思います☆

それぞれのチームが自分達のチームを応援するだけでなく、相手チームへもエールを贈り合う、というのは素晴らしいな、と感じました。

IMG_6886

ムカデ競走も最近は進化しているんですね!連なってドミノ倒しのように倒れたかと思うと、逆から起き上がる、という複雑な技で、観覧している大人達もアッと驚いていました。

IMG_6893

保護者の方々がテント持参で運動会を観覧されている小学校もありました。

フジロックのような風景? 時代を感じました!

今回、多くの小学校で入場者に名前を書いてもらうか、入場許可の札を付けないと入れないようになっていました。色々と物騒な事件に対する対策だと思います。これも時代。。

それでもとにかく、こうして平和に運動会ができる世の中であるようにと心から願います。

IMG_6900

文化財保護条例制定に向けて!埋蔵文化財センター視察

こんばんは!田平まゆみです☆
昨日は、文化財保護条例制定に向けて、条例案がしめされパブリックコメントもとられ着々と進められていることを喜びつつ、今後の課題を知るため、そして、市の文化財行政について知ってもらおうと企画された富田林百景さんの市民講座に視察のため皆様にご了承いただき参加させていただきました。
金剛コミュニティさんも取材に来られていました。

まずは中央公民館にて、20年以上富田林の埋蔵文化財についての調査・研究を支えて来られた粟田さんの講演をお聞きして、その後、富田林第一中学校の空き教室を利用して「埋蔵文化財センター」として利用されている施設を、見学に移動しました。

意外にも、「埋蔵文化財センター」の存在を知らない方が3分の1以上おられました。
それも仕方がありません。

なぜなら、土日祝は閉まっており、正式な駐車場もなく、市民のために開かれた施設とはとうてい言えないからです。文化財や歴史に関心のある方ですら知らない方が多いのが現状です。
南河内で資料館も博物館もないのは本市だけです。条例がやっとできるということで、研究者の間でもすでに噂になっており、注目されているようです。

私としては、住民が気軽に見に行けて、郷土の歴史に触れられる、想像の翼を広げられる、そんな施設の必要性を、議会でも取り上げましたが改めて感じました。
保護条例制定を契機に、指定文化財の登録や住民にとって利用しやすく開かれた施設づくりをすすめてもらいたい、と強く願います。

あとは、写真にそれぞれ説明を付けていますのでご覧くださいませっ! ↓↓↓↓↓

▼埋蔵文化財センター入り口。見たい人は市役所に電話して予約しておく必要があり、見に行くと調査研究作業の手を止めて丁寧に説明をしてくださいますが、申し訳なくて気軽に見に行けるとは言えません。駐車場もなく公共施設とは言いがたい雰囲気があります。市の文化財行政に対する関心、力の入れ具合がよくわかります。IMG_6741

 

▼積み重ねられたケース。つぎつぎに発掘され運ばれてくるため、どんどん手狭になってきています。IMG_6742

▼作業場。IMG_6762

▼石器の作り方についてもドラマチックなお話を聞かせていただきました。最初は石で打ち付け、薄くなってきたら途中でもう少し柔らかい鹿の角に道具を持ち替えてさらに薄く、丁寧に削っていったそう。一番上のかたまりは、石器を作る際に打ち付けた側の、石器を作るために使われた石。石器のまわりに散らばっていた破片を粟田さんが組み合わせられたもの。

IMG_6751

▼瓦の一つひとつにも色々な物語が。同じ模様でも後に復刻されたものがあったり、その当時の流行りについて。新堂廃寺に使われた垂木先丸瓦は飛鳥寺のものと全く同じ汎型で作られたこと。それは、汎型を作る際に木をノミで削った位置が全く同じであることから明らかであること。ココから飛鳥寺に出荷?販売?していた可能性があるなど、文献がないと決定打がないが、こちらの方が権威があったとも考えられる非常に貴重なお話でした!

IMG_6754

▼報告書は1セット6000円で販売されているとのこと。ご興味のある方は公民館で聞いてみてください。貸し出しもされていると思います。IMG_6759

▼瓦の裏側には下に敷いていたと思われる布の糸目跡が残されており、その糸目の幅を計り、縫い合わせた跡などをメモにとり、気の遠くなるような約5年の歳月を経て復元!一つの発想から最新の研究方法まで編み出し、徹底的にやってみるその熱意に脱帽!「とにかく合わせてみるしかない。そうしないと命を吹き込むことはできない」と、パソコン入力の手を止め、手作業による接合作業を始めたそう。IMG_6756

▼段ボールで再現された甲冑。本当はとても重いもの!IMG_6760

▼アケボノ象の牙。もう片方の牙も下の箱に。これはウィングヒルズのあたりで発掘されたそう!IMG_6778

▼私の左手に見えますのは(見えますか?)、捨てられそうな砂袋の中身を丁寧に調べていた際に発見された銀通しの玉(装飾品の部品)で、非常に珍しいそうです。

最初、虫と間違ってギャッ!という声がしてよく見たら、、、というエピソード。

IMG_6784

▼何冊にもわたる緻密なノート。凄すぎて言葉が出ない、、この方、本当に凄い。。

かなりあちこちから引き抜きの声があったはずですが、富田林での文化財行政に尽力してくださっていることに対して感謝と敬意の思いです。

IMG_6788

中学校給食★試食会を行いました

こんにちは!田平まゆみです☆

本日、給食をよりよくする会の皆さんとご一緒に明治池中学校にて給食試食会をさせていただきました!

担当課長さん、担当課職員さん、栄養士さんからのご説明と、毎日検食されている校長先生からも詳しいご説明をいただき、温かく美味しいと聞いていた富田林市自慢の自校調理方式の給食を試食することができました。

▼1食330円。値段をもっと安くしても、冷えたお弁当にされたりするよりは、温かい自校方式を維持していく事がのぞまれています。ちなみにこの日のコストは324円69銭。ギリギリの予算ながら最大限生徒に喜ばれ、食経験と栄養面を意識した献立を考えてくれています。見た目は地味ですが、美味しかったです☆

IMG_6739

富田林市では、市内の中学校8校全て、自校調理室で作られており、次の月の献立を見て食べたい日を選ぶ「選択制」が採用されています。

【ちなみに、本市では給食への就学援助は小学校給食のみで、中学校給食は「選択制」という理由で就学援助の対象にはされていません。日本共産党議員団は「中学校給食も就学援助の対象に!」と長年訴えており、昨年も代表質問でとりあげています。河内長野市も選択制給食ですが、すでに中学校給食を就学援助の対象としています。】

そんなわけで、中学校給食の喫食率と味との関係や、食育としてどのような取り組みをされているのか、現状と課題を知りたかったのですが、よい機会となりました。

喫食率アップのため、本市では「給食の日」を設け、新1年生全員に無料で給食を食べてもらって食後にアンケートの実施をしており、昨年11月のアンケート結果によると、市内の中学1年生全員のうち約40%が給食を食べていないとのこと。

その給食を食べていない生徒のうち9割は家庭弁当、1割はパンや市販弁当。

アンケートによると、お弁当の理由は「親が作ってくれるから」「量を調節したいから」など。

今回お邪魔した明治池中学校は市内で最も喫食率の高い学校で、先生方もできるだけ給食を食べるようにするなど、喫食率をあげるよう頑張っておられるとのことでした。

▼配膳スペース
IMG_6736

▼食器を返却しているところ。
IMG_6740

試食会参加者も生徒や先生方と同じ2階の配膳スペースへ。

汁物やおかずがよそわれたお椀、お皿、牛乳、デザートなどをトレーへ。

部屋に戻り、食べるなり参加者皆さんからは「美味しいわ〜」「ご飯が美味しい!」という声。

「お米はつがるロマンです」とのこと。本当にふっくら美味しかったです。

量は人により「ちょうど良い」人も、「ちょっと物足りない」人もいましたが、ご飯の量は大盛りにもしてもらえるとのこと(おかず量は一定)でした。

家庭科の先生とも連携し、栄養バランスを考えた献立を生徒たちで考えたりする取り組みもされているそうですが、栄養教諭と栄養士合わせて4人というのは、8校ある学校として少ないと感じます。

今後、中学校給食も時々試食会を行い、課題と現状を整理し、よりよくするためにご報告していきたいと考えています。

ご協力いただいた皆様、ご覧頂いた皆様、ありがとうございました!

 

野草の会☆参加しました

こんばんは!田平まゆみです。

皆さん、GW満喫されていますか?

私は、今日は滝谷不動尊のすぐそばの奥の谷で行われた野草会に参加しました。
ヨメナとトトキのご飯、セリのおひたし、ふきの煮物、筍の木の芽あえ、みつばと筍のお吸い物、ドクダミ・スカンポ・筍などの天ぷら、、、
竹を切ってお箸、お皿、コップなどの食器も手作りしました☆

楽しそう、美味しそう、というのが写真から伝わりますでしょうか?!
行事に参加させてくださった富田林年金者組合の皆さん、色々と野草について教えてくださった里山の自然を守る会の皆さん、本当にありがとうございました!!

IMG_6534

IMG_6546

IMG_6557

IMG_6568

IMG_6570

IMG_6574

IMG_6591

IMG_6592

IMG_6594

大阪狭山「市立こども園」を視察しました☆

みなさんこんばんは!田平まゆみです。

27日に大阪狭山市の「市立こども園」を保育運動団体のみなさんとご一緒に視察してきました。

IMG_6250

富田林市のこども未来室長と課長も同行され、大阪狭山市のこども政策部長、課長さん、園長先生がご案内くださいました。

もともと「市立第2保育所」と「市立南第三幼稚園」という2つの別施設だったものを、平成27年4月から保育所と幼稚園の機能を兼ね備えたひとつの施設、幼保連携型認定こども園として移行したものということです。名称は「市立こども園」です。
「0~3歳児施設では第2保育所当時の雰囲気を残し、生後2ヵ月から3歳までの子どもたちが、「第二の家庭」として、穏やかでくつろげる場になるよう日々心掛け、保育しています。
また、4~5歳児施設では、教育を必要とする1号認定子ども(旧の幼稚園児)と保育を必要とする2号認定こども(旧の保育所児)が同じクラスの中で就学前教育・保育を受け、いきいきとした毎日を過ごしています。」(HPより)

★☆★☆★ 以下、私が感じたことをまとめてみました ★☆★☆★

こども園という一つの施設になりましたが、建物はそのまま利用されているため、2つに分かれており、その間にはさまれるようにして小学校が建っています。

★こども園になるに当たり、幼稚園教諭は保育士免許をとり、保育士は幼稚園教諭の資格をとり、保育教諭として、教育委員会の管轄の行政職になったそうです。

もともと雇用形態が違うという問題についてはこうやってクリアされていますが、教育委員会に一本化というのはどうなのか?と不安を感じました。

★保護者の会議はどのようにもたれているのか気になっていましたが、保護者会はPTAのみで、実質1号認定(幼稚園)子どもの保護者の声だけになっている状況ということです。2号子どもの保護者の声を聞く工夫をする必要を感じました。

★3歳児は今年から受け入れを開始したそうですが、1,2号を合同で保育するだけの部屋の余裕がないため、3歳児についてはもともと保育所だった施設と幼稚園だった施設に分かれて保育をしている状況ということでした。

★建物の改修は、給食調理室を作るなど、多少はされたようですが、もともと保育所だった施設と幼稚園だった施設で、別々の2つの施設であり、少し無理があるな、という印象をうけました。

大阪狭山市での状況と富田林市の状況がぴったりくるわけでもなく、参考にならに事も多いと感じましたが、やはり2つの施設を2つにして建物をそのまま利用するのは無理を感じました。

本市で選択肢を増やす、という意味でこども園をつくるにしても、相当な工夫と長い時間が必要だと思います(大阪狭山市でも移行までに10年近くかけておられます)。

大阪狭山市ではもともと2つあった公立の保育園が現在はゼロになってしまっています。一つは民間保育園に、もう一つはこの「市立こども園」になったからです。

また、公立幼稚園はもともと5園ありましたが、一つは民間に売却済、一つはこれから入札予定、と3つだけになってしまいました。残る3園で3歳児保育を実施するそう。

富田林も何やら同じような事を言っていたな〜!まだまだ研究、調査が必要であり、早急にすすめるべきではありません。

IMG_6235

▼ちょうど英語の先生がきておられ、歌を歌っているところでした。IMG_6241

▼ホールで給食をとるそうで、席が準備されていました。IMG_6242

▼給食をつくるところ。IMG_6244

IMG_6245

▼給食が運ばれてきました。IMG_6252

▼給食を食べたらすぐにお昼寝の場所に行けるよう同じ部屋を間仕切りしてあり、布団が敷かれていました。IMG_6256

IMG_6262

花と緑の季節☆うちの庭

こんにちは!田平まゆみです。

グリーンがぐんぐん育つ季節になってきましたね!

たまには個人的な内容を、とのリクエストをいただきましたので、

なかなか手入れできない庭ですが、先日前庭を少しいじってみましたのでご紹介します☆

IMG_6298

基本的に、「1年中ほっといても素敵な庭」を目指しているので、勢力の強い植物に自然淘汰されてしまう子(植物)もいます。

議員になってから大好きな薔薇の手入れもほとんどできず、黒点病の葉っぱの除去もまったくしていませんでした。すると、2年ほどたちましたがなんと黒点病はほとんどなくなりました!!

このことを岡山の薔薇ガーデンでヘッドガーデナーをされている方にお話したら、「そうなんですよ!」と言われました。間違ってなかった〜!(←ただ単に放ってただけ)

いま、肥料もほとんど与えず、水も夏場以外は地植えなのであまり気にしない、スパルタ方式で育てています。薔薇って本来すっごく強いんですよね☆頼もしい・・!

でも、肥料をあまり与えないと花はあまり咲きませんので、花をたくさん咲かせたいと思ったらやっぱり肥料は必要ですね。

私は花が咲いていなくても葉っぱが綺麗なイングリッシュローズが好きなので、葉っぱも楽しんでいますが(負け惜しみ?)。。。

IMG_6299 ↑↑↑ ジャンクガーデン。本当に久しぶりに、草抜きをしました

IMG_6303 ↑↑↑ 剪定して丸裸になっていたケヤキの樹もふさふさになってきました

IMG_6304 ↑↑↑ウッドデッキが占領されてます。主人は珍しい植物が好きみたい。私はどちらかというと野草や野の花みたいなものが好きですが、意外と調和はとれそうです。

IMG_6305 ↑↑↑ ヤシの木の切り株(以前庭に植えてあったヤシの木を前の家主さんが切ったもの)に、多肉を植えたら、なかなか居心地がよかったようです

IMG_6307

IMG_6308

IMG_6312 ↑↑↑ 池のふちをタイルアートでエキゾチックにしたいと考えています

ユーフォルビアは一年中明るいグリーンで綺麗!ここでは笹の生け垣があるため、日差しを求めてすごく背が高く大きくなっています。濃い緑色の種類も植えていますが少し小振り。孔雀の羽の模様のようで、近くで見るととても綺麗です。

植え込みレイアウトは私が担当。池の手前に枕木を敷いてもっと作りこみたいと思っているけれど、ここも1年以上手入れしていません。

IMG_6314 ↑↑↑ レンガを積み重ねただけの即席花壇に、斑入りのアガベを主役にグラウンドカバーとして何種類か寄せ植えしたら、花壇から溢れ出してどんどん広がっています。

ずいぶん放っておくと、人間のコントロール外の思わぬ広がり方をしていたりして、それを見るのが面白くて楽しみだったりします☆

IMG_6316 ↑↑↑ 前庭の薔薇はそろそろつぼみがちらほら。チェリーセージが伸び放題だったので短くカット。クリスマスローズは咲き終わり。

IMG_6317 ↑↑↑ ポストのあたりに小さな花壇がありますが、そこからまたまた溢れ出しています。つるバラが伸び放題。匍匐性のローズマリーやら。。。

こう見ると、本当に手入れをしていないジャンクガーデンですね。

個人的にはターシャテューダーの庭とか、ボーダーガーデンなんてのに憧れているのですが。広島県の主人のお義父さんの田舎に行った時に印象的だったのが、あちこちでオープンガーデンをされていたこと。

富田林はじめ南河内でも、庭づくりが好きな方とってもたくさんいらっしゃいますし、園芸屋さんもたくさんあるので、オープンガーデンスタンプラリーとか、そういった取り組みができたら面白そう!!

趣味の話しで長々と失礼いたしました!

今日もありがとうございました☆ 良い週末をお過ごしください!!